社会を取り巻く課題は多様化し、その影響は拡大し続けています。
企業は、これらの課題に事業や自社の強みを通じて対応し、社会に価値を提供することで、持続的な社会に貢献し、自らも成長することが求められています。
タカミヤはESGの取り組みが重視される以前から、「安全」「環境」「施工性」をテーマに事業を展開してきました。継続可能な社会の実現のために事業活動を通じて貢献するとともに、社内においても多様な人材が働きやすい環境を整備しています。
その根底には、社是である「愛」があります。

社是「愛」について

「己を愛する」「人を愛する」「会社を愛する」
ことで生まれる意欲や思いやりが成長の原動力

私たちが暮らすこの世界は、各国の経済が複雑にからみ合い、無数の企業が営む活動によって常に動いています。そして個々の企業は、そこに属する人々の弛まぬ努力によって成り立っています。では人は何によって動かされるものでしょうか。自身の意欲。家族への思いやり。そこが原点ではないでしょうか。私たちはそれを、企業成長の原動力にしたいと考えました。理念は「愛」です。

社是 愛